女の人

通勤圏の広さで有名

積み木

地価上昇が続く

宇治市の不動産は、近隣の大都市への通勤利便性の高さから、昔から注目を集めてきました。府内第二の人口を持つ宇治市は、もともと近隣都市への通勤率が30パーセント近くあり、ベッドタウンとして発展してきた歴史があります。府内だけでなく、近隣の大きなターミナル駅へ乗換なしで行くことができるため、畿内のさまざまな都市へ通勤することができます。この広い通勤圏こそが、宇治市の不動産ならではの特徴です。不動産業界だけでなく、一般の人にもこのことが知られるようになり、隣の都道府県から宇治市で不動産を探す人も増えてきました。隣県へ通勤することを前提として、宇治市の賃貸住宅や分譲マンションに転居してくる移住者も少なくありません。電車で30分から60分の時間内で、多方面に通勤が可能なことが、宇治市の不動産人気を不動のものとしています。ここ数年、宇治市の不動産価格は微増を続けており、その人気の高さを繁栄してる形です。駅前や市役所、商業施設の集まる中心街だけでなく、駅から離れた郊外の地価もわずかながら上昇しています。宇治市の地価公示価格から算出した坪単価平均は約39.5万円となっており、これは府内にある30余りの市町村のなかで、15〜16位にあたります。土地価格が安定して推移しているのに伴い、マンションや中古住宅などの不動産価格全体が上昇傾向にあります。地方都市では、不動産価格の値下がりが見られるなかで、宇治市の不動産は検討していると言えるでしょう。